宗教法人全国キリスト教伝道会  R.E.A.P. mission inc.

Reinforcing Evangelists and Aiding Pastors

I sent you to reap that for which you have not labored...and you have entered their labors. (John 4:38)

Home
About
Articles
J.A.P.A.M..
日本語
Products
Blog
Links
FAQ
Search
イースター、サウンド・オブ・ミュージック(音楽の調べ)(Easter, The sound of Music)-By: ケニー・ジョセフ

日本での初めてのイースターが、イースター賛美歌「主は甦られた」でお祝いされたのを知っていますか?それは、イエズス会のフランシスコ・ザビエルが生まれる1,300年前の事です。私が南インドのケララで、イースター礼拝の説教をした時、運転手は1時間遅れて来ました。彼は、「心配しないで。彼らは貴方が始まる前に、155節を暗記して歌いますから。」そして彼らは、創世記から黙示録まで多くの御言葉を歌いました。古い賛美歌が、永遠の命への門戸を開く「歴史の要」であるイースターの物語を語るようにしましょう。

A.H.アクレー氏が、無神論者にイエスについて語った時、彼は「あなたのキリストは死んだ。もし、あなたのキリストが生きているなら、彼の住所と電話番号を私に下さい。彼は死んでいる。あきらめて、人生を正しなさい。」と言いました。アクレーは、敗北感に満たされ、気落ちしながら、足を引きずって家に帰りました。彼は、無神論者に打ちのめされてしまったのです! 彼は涙を流しながら、ひざまづいて祈りました。そこで、彼は、頭の中で、音楽の調べを聞いたのです。彼は、封筒を取り出し、後に有名になったイースターの歌「He lives….I serve a risen Savior….」(主はいく・・・よみがえりし主・・・)を書き留めました。

よみがえりし主、いま世にあり、よしや世の人、何と言うも、

めぐみの御手と御声をもて、つねに親しくまします。

(コーラス)

見よ、主はいま生きたもう、我と物語り、共に歩む。

見よ、主はいま生きたもう。いずこにと問わば、我が心に。

 喜び歌え、声を上げて、とこしえの主をほめたたえよ。

呼ばば答えて助け給う。げに、たぐい無き主の愛。

(コーラス)

 もし、主キリストが死んでいるなら、この地上で最も愚かな者は、十字架で死なれ甦られたイエスを信じることによって、新しく生まれ変わると信じているクリスチャンです。彼は、ご自身が生きておられる事を、40日間に亘り証明されました。これは、真理の礎石です。しかし、もしキリストが実際そうされ、そしてその死と甦りを無視するなら、一番愚かな者はそれを信じない者です。

ジェイシー・B.パウンズとジェームス・H.フィルモアの両者は、彼らが「I know that my redeemer liveth」(私の贖い主が生きておられるのを知っている)−英語を意味をそのまま訳してあります−聖歌176「生けるすくいぬし」

私の贖い主が生きておられるのを知っている。そして、再び地に立たれる;

彼が与えて下さる永遠の命を知っている。その恵みと力は御手の内にある。

神の約束は決して破られない事を知っている。神の語られる言葉、それは死なない;

私の肉が激しく攻める残酷な死だけれども、私は将来神にお会いする。

神が私の家を備えておられるのを知っている。そこは神のおられる所で、私もそこにいるであろう; オー、不思議だけれど、神は私をケアして下さる。そして、遂に神は私の為に来て下さる。

イエスは生きておられるのを知っている、そして、再び地に立たれる;

彼が与えて下さる永遠の命を知っている。その恵みと力は御手の内にある。

その点を証明するため、B.B.マッキニーは、1921年に古いハワイの民謡を取って、それを勝利に満ちた証言に変えました。「He lives on High」(神は天に生きておられる) 神は、キリストの降臨、十字架刑、復活、そしてイエスを信じ受け入れた全ての者の中に住まわれることを含んでいる。(英語の詩をそのまま訳してあります。−日本語訳の歌が未明)

 救い主キリストは、天国の栄光から、罪と恥で失われた者を贖うために来られた。

彼は、血だらけの茨の冠を額に被った。そして、カルバリーで私の責めをとって下さった。

 彼は、死とその全ての悲しみから甦られた。喜びと愛の地に住まうために。

彼は戻ってこられる。ある人々は明日を喜ぶ。神は、ご自身の子供たちを天の家に連れて行って下さる。

 疲れた魂は、イエスのもとに来て告白する。罪からの贖いを、彼はあなたに与えてくださる。;イエスを見て、そして祝福を受けなさい。命があります、喜びと勝利があります。

 彼は天に生きておられる。罪とその全ての汚れに勝利し、彼は天に生きておられる。

そして、いつか彼は再び来られる。

EASTER….SHMEASTER…(イースター…シミースター)どうでもいい?

何が違うのだろうか? ただ天国と地獄の違いだけです。なぜなら、彼は死なれ、埋められ、そして3日後に再び甦られた。それは、私達信じる者もまた、甦る事を保証するものです。死は終りではありません。それは、天国での永遠の命、そして地獄での永遠の悲惨さの始まりです。これは、地上の望みです。ですから、私達は確信をもって「ハレルヤ、私達は甦る」と歌う事が出来るのです。(英語の詩を訳してあります。−日本語訳不明)

 甦りの朝、神のラッパがなる時、私達は甦る、私達は甦る! そして聖徒たちは喜びながら来る。最早、涙は見られない。私達は甦る、私達は甦る。

 甦りの朝、それは何と言う出会い。私達は甦る、私達は甦る! その時、私達は父や母、そして愛する者たちに会うであろう。私達は甦る。

 甦りの朝、それは私にとって祝福である。私達は甦る、私達は甦る! 私は祝福された救い主にお会いする。彼は、私の為に無償で死なれた。私達は甦る、私達は甦る。

 甦りの朝、私達は彼と空中でお会いする。私達は甦る、私達は甦る! そして私達は、輝き汚れの無い栄光へ、私達の家へと運ばれていく。

 私達は甦る! ハレルヤ! アーメン! 私達は甦る! 甦りの朝に。

Send this article to a friend or colleague

About Us News Articles Japanese Articles Products Links Faq Contact Us