宗教法人全国キリスト教伝道会  R.E.A.P. mission inc.

Reinforcing Evangelists and Aiding Pastors

I sent you to reap that for which you have not labored...and you have entered their labors. (John 4:38)

Home
About
Articles
J.A.P.A.M..
Photos
日本語
Products
Blog
Links
FAQ
Search

学者:イスラム教徒の「終末」信仰が中東紛争を煽る (Scholars: Muslim ‘End-Times’ Beliefs fuel Middle East Conflict)

中東専門筋は、イスラム教徒の「終末」に関する信仰が、地域紛争を煽っていると語っている。学者であり、またゴールデン・ゲート・バプテスト神学校の教授であるウィリアム・ワーグナーは、「イスラム教とキリスト教は、とても明確な終末論、または終末期を持っている。両方とも正確ではない。聖書は真実である。

大多数のイスラム教徒は、「12番目のイマン」またはイスラム教のメシア像であるマハディが、裁きの日まで隠されていると信じている。イスラム教派閥間において、この救い主が誰であるか、いつ、どこに戻ってくるかは意見の相違が多々ある。ある派閥間では、このマハディはイエスではないかとさえ信じている。しかしながら、ほとんど全てのイスラム教徒は、この日が来るためには、イスラエルは滅ぼされなければならないという事には同意している。

イランの大統領、マハムド・アハマディネジャドが、最終的なマハディ(メシア)の再臨を信じているのみならず、再臨が近いこと、そして彼の再臨に際して、自国を彼の再臨のために準備することが、イラン政府の責任であると信じていることが、色々なニュース情報源によって引き合いに出されている。この終末に向かって、アハマディネジャドは、イランからキリスト教や全ての攻撃的な非イスラム教的な影響と行動を取り除くことを誓っている。彼の指導の下、クリスチャンへの迫害は増加している。

About Us News Articles Japanese Articles Products Links Faq Contact Us